« 解る人には解る。 | トップページ | 連敗 »

2010年3月17日 (水)

富士山の反対側へは行きませんでした

「裏側」と言ったら山梨の人は怒るだろう。
(しぞーかとやまなしは富士山を挟んでライバル関係にあります^_^;)

迷っていた忍野の琵琶絵巻には結局行きませんでした。
なんか急速に面倒になってしまって(^_^;)・・・でしたが、
仕事も少々バタバタしていて回らなかったし、それに、
舌の裏側にかつて無かった程のひどい口内炎ができてしまい、
舌を動かすことができず、公演の日を挟んで3日間、
筆談とジェスチャーで仕事をしていた次第。

いやー、こんなに痛かったのは初めてだった;;。
とにかく舌を動かすと痛い。
喋り始めや少し長く喋った時、またごくごく生理的に舌が動いた時、
患部は裏側なんだけど、表から針を刺し通したような激痛が。
舌って普段何気なく動いてたんだなあと思いました。
食べる時は片側に寄せて食べれば意外と大丈夫で(ただし、
食べ始めは激痛;)、それだけは良かったですが、
そんな状態だったんで、おでかけしないで正解だったと思います。

そんなワケで、音声で意思疎通ができないという状態を、ほんのちょっとだけ体験。
以前、常連で聾者のお客さんがいて、いつも筆談で応対してたんですが、
自分が手話ができたらな~、と思ってたことがありました。
習ってみたい気持ちはうっすらあります。
でも「うっすら」程度の気持ちじゃマスターできないかな~、やっぱ;;。

|

« 解る人には解る。 | トップページ | 連敗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

デーモン小暮閣下」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の反対側へは行きませんでした:

« 解る人には解る。 | トップページ | 連敗 »