« サスケと鶴姫 | トップページ | 家電崩壊 »

2010年6月28日 (月)

タンブリング

ストーリーそのものは目新しいものではなかったけど、マイナースポーツである
男子新体操の面白さと奥深さの一端を覗けて面白かった。

好きなエピソードは5話(だったかな?)。
以前から密かに想いを寄せていた木山(演:大東俊介)が入部してきて、
自分が同性愛者であることそのものにも戸惑っている水沢(演:柳下大)は、
木山への想いと、それを皆に知られれば部にいられなくなる、という不安に思い悩む。
水沢にとって、一つの恋ではあるけど、一生の問題でもあり、仲間から離れなければ、
という深い悲しみもあり、その切なさが胸に迫る、柳下さんの演技が良かった。
(因みに合同合宿の場で水沢の同性愛をバラしてしまうライバル校の部員を演じたのが
シンケンゴールド相馬圭祐さん。別の役で出る舞台版が気になる~)

メインキャストではないけど、元は主人公・航(演:山本裕典)の不良仲間で、
航たちが熱くなれるもの(新体操)を見つけて離れていったため逆恨みし、
最後まで執拗に航たちを妨害する赤羽を演じたジャスティライザー伊阪達也さんの
鋭くもどうしようもないヒールぶりもなかなか良かったです。


ところで、主人公の山本裕典さん(仮面ライダーサソード)の役名が「航(ワタル)」で、
瀬戸康史さん(仮面ライダーキバ・紅渡)演じる竹中悠太が山本さんを「ワタル!」と
幾度となく呼ぶのは、とっても妙な気分でした

|

« サスケと鶴姫 | トップページ | 家電崩壊 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンブリング:

» タンブリング キャスト 9話 [タンブリング 最新情報]
7~9月夏クールドラマ考と、春ドラマ感想 お気楽SOHO人の今日も嵐な日 ... 潤くん家族と竹内結子以外のキャスト陣が意外と地味で大丈夫??? って思ってしまう。 だってさ、今の月9なんて、 「これでもか!」っていう程、主役級も脇も揃えまくってるのにね~。 大雅と同じ事務所の女優役(?)をする、モデルの桐谷美玲だけは、 .... 『タンブリング』 やー熱かった! 熱い青春ドラマ。好きよ~。 あれってば、吹き替えなしでバック宙にバック転してたんだよね!? それだけで感動だよ~。 三浦翔平が一番きれい... [続きを読む]

受信: 2010年7月 3日 (土) 20時45分

« サスケと鶴姫 | トップページ | 家電崩壊 »